Appleが大好きなんだよ

1990年代前半からのMacファンが書くAppleのこと

Author:macgeek
Macが大好きでアップル製品が大好き。アップル製品の魅力について語ります。
フリップボードマガジンhttp://flip.it/CuJOq

<現役マシン>
(1)MacBook Pro(13.3-inch,Mid 2014) 2.8GHz Intel Dual Coai5 Retina16GB 1600 MHz DDR3 SDRAM 1TB SSD
(2)MacBook Pro (13-inch, Late 2016, Two Thunderbolt 3 ports)2 GHz Intel Core i5,8 GB 1867 MHz LPDDR3,256GB SSD
(3)MacBook(13-inch,Early 2008)2.4 GHz Intel Coa2 duo 4GB
(4)iPhone6s 128GB →iPhone7Plus Black 256GB SIM FREE
(5)iPadmini4 128GB GOLD SIM FREE→iPad Pro 9.7128GB GOLD SIM FREE+ApplePencil
(6)Thunderbolt Display 27-inch
(7)Apple Cinema display23-inch
(8)Apple Cinema display20-inch
(9)Apple watch series2 Space grey Black sports band

スポンサーリンク

昨日の記事で、よく来てくださっている同じくアップルファンのabaron009さんから
MacOS Sierraでできなくなったこととして
Finderの初期フォルダがiCloudになりません」というコメントいただいたので、
設定方法をやって見ました。


新規FinderをiCloud Driveにする設定

53

このFinderメニュー→新規Findeウインドウ(⌘N)を操作すると
デフォルト設定では「〇〇のMacBook Pro」
54
などになるかと思います。

これをiCloud Driveにしたいということかと思いますので方法を。
的外れだったらすみません。


Finder→環境設定
04


→一般→新規Finderウインドウで次を表示:
16

これをiCludDriveに変えます。
46


この後
再びFinderメニュー→新規Findeウインドウ(⌘N)を操作すると
iCloudDriveになりました。
23

この他「新規Finderウインドウで次を表示:」ではユーザー・デスクトップ・書類などが選べます。



FinderのサイドバーにiCloudDriveを表示する設定

ついでにもう一つです。素早くiCloudDriveのフォルダにアクセスするには

Finder→環境設定→サイドバー
07

ここでiCloudDriveにチェックを入れます。

するとサイドバーに表示されるようになりますので
上記の「新規FinderをiCloud Driveに」してなくても
2アクションでiCloud Driveフォルダに入っていけます。
13



iCloudDriveのフォルダは一体どこにあるのか(おまけ)

サイドバーに出してしまえば解決してしまうんですが、
iCloudDriveのフォルダの実態がMac内で一体どこにあるのかわかりにくくて気持ち悪いですよね。
保存先がわからなくなるWindowsの迷宮に入ったような気持ちになります。

僕も今回探して、しまいました。
確かYosemiteの時も探した記憶があります。

Finder→移動→optionを押す→隠れていた「ライブラリ」→Mobile Documents

この Mobile Documents(上から3つ目)こそが「iCloudDriveのフォルダ」なのです。
  21

Mobile Documentsを開くと
なぜか
フォルダの表示が iCloudDriveになります。
おかしな仕様です。謎
  33

なおこの設定。私の方で確認できているのはYosemite以降です。
それでは。


スポンサーリンク
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村 

にほんブログ村 PC家電ブログ Macへ
にほんブログ村
 
にほんブログ村 スマホ・携帯ブログ iPhoneへ
にほんブログ村


Appleファン ブログランキングへ

スポンサーリンク

41

MacOS SierraとiOS10の組み合わせは連携強化がはかられかなり快適になりました。

連携関係
(1)個人的に一番いいなと思うのはAir Dropの反応が良くなったことです。
前はなかなか送信先のデバイスが出て来なくって待っていました。

(2)昨日の記事でご紹介したユニバーサルクップボードも反応がいいです。

(3)Hand Off機能も確実性が上がった。
前は反応しないこともありましたが、iPhoneのサファリの閲覧中のページなどはMac側で確実に表示されるようになりました。

(4)iTunesとiPhone・iPadの同期速度が上がった。


Sierraの機能向上
(1)iCloudDriveの反応も良くなって、同期の速度が上がりました。

(2)マック側のアプリ「写真」の立ち上がりとライブラリ、メディアの読み込み速度があがった

(3)iTunesの立ち上がり速度が上がった

(4)TimeMachineのバックアップ速度もあがった。

(5)Garmin express(ガーミンデータのアップロード)の速度が上がった
※最新の機種ではないのでMacを介してアップロードしないといけないので。。


Sierraの怪しいとこ

(1)今の所全体的なモタつきは出ていませんが、iMovieだけが1つ前のバージョンなのでたまにもたつきます。アップデートしてから再評価が必要です。

(2) Safariでたまに表示がおかしい

(3)SafariだとYouTubeの操作でが若干遅いものがある。(アノテーション設定など)

以上ですが、総じて良かったことのが多いです。
時間のあるときにでもアップデートをお勧めします。



ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村 

にほんブログ村 PC家電ブログ Macへ
にほんブログ村
 
にほんブログ村 スマホ・携帯ブログ iPhoneへ
にほんブログ村


Appleファン ブログランキングへ

スポンサーリンク

AppleWatchは汎用ウェアブルとして、可能性があるので使い始めましたが、
やはりマラソンであるとかトライアスロンを本格的に取り組む用としては正直ワークアウトアプリが物足りないです。

AppleWatchの ”ワークアウト”アプリの残念なところ

(1)ワークアウト時の表示データが限られている
ワークアウトアプリで計測中のAppleWatchに表示できる項目は最大5つ。
種類も7つまで。
屋外ランニングの例では
継続時間・現在のペース・心拍数・距離・平均ペース・アクティブカロリー・トータルカロリー
このうち5つだけ選んで表示できる。
私のGarminForeathlete910XTはガーミンでは2世代前のものですが、
最大16種項目表示でき。
選択肢は40以上
個人的にはラップペースを重宝していたのでこれがないのはちとイタい。

IMG_1279

↑iPhone内Watchアプリのワークアウトの設定で行う表示項目。


(2)ワークアウトデータの書き出しができない
通常のスポーツウォッチはWeb上のデータまとめサービス(ガーミンでいうと”ガーミンコネクト)のようなものトレーニングデータの書き出しが様々な形式でできるので、
例えば他のサービスへのデータへ読み込むことができたりする。
登山データのグーグルアースへの書き出し&読み込みなどはとてもおもしろいがAppleWatchではそれができない。


(3)自転車は機材からのデータがキャッチできない

今のところは自転車の回転数、パワーメーターなどのセンサーはAppleWatchの”ワークアウト”にはペアリングできない。


Germinとの使い分け

とはいえ、トレーニング以外の使い道がこちらの記事のように多種あり、モバイルスイカのセンサーにもなるので使っていきたいです。
となるとGerminとの使い分けですが、
・緩めのウォーキングや移動、仕事中のアクティビティログはAppleWatch
・時間をとって行うランニングやロードバイクはガーミン
となりそうです。


Germinデータをどうするか

しかし使い分けてしまうと。
AppleWatchとiPhoneの組み合わせには、せっかく「ヘルスケア」「アクティビティ」というアプリがあり活動の全体像が見えるのにそこにガーミンのトレーニング分が入らないのは残念。
何か方法がないか探ってみました。

(1)「Strava」というトレーニング管理サービス&iPhoneアプリを使って「ヘルスケア」「アクティビティ」に統合する

Strava」はアスリートのためのトレーニングデータ管理&ソーシャルネットワークサービスで
提携されているスポーツウォッチやアクティビティモニターなどの機器からデータをアップロードできるサービスです。
12
32
ガーミン端末にセットの「Garmin Connect」と同じようなサービスですが。
「Garmin Connect」とJawbone UP(アクティビティモニターメーカーのサービス)からデータの同期が可能のです。
上記Webから登録後の設定画面で「Garmin Connect」との接続を選ぶと同期ONになります。

その後
iPhoneにStravaアプリを入れ、web登録時のメルアド、パスワードを入れると起動。
画面下部のメニューから
「もっと」→設定→他サービスへのリンク→Healthを+にする

IMG_1282


とアクティビティアプリにもワークアウトとして加算されます。
※ガーミンのBIKEを空押ししただけなので距離は0です。
IMG_1283




ヘルスケアアプリの「ソース」にもStravaが追加されました。
IMG_1284

これでトレーニング時にAppleWatchを外しガーミンを使っても1日のデータに加算されます。


(2)2挺拳銃で別々に管理する。

ガーミンは「Garmin Connect」
AppleWatchは「ヘルスケア」と「アクティビティ」で

と割り切って使う。Strava経由の同期も無し。
※同期して2つで計測するとダブりデータの可能性あり

・ランニングの時はガーミンからバンドを外してポケットで稼働。AppleWatchでも計測。
・ロードバイク時はガーミンをバイクにマウントして稼働。AppleWatchでも計測。

これも無しではないです。


まとめ

私はApple好きとしてAppleWatchを買ってみて使っていますが、

・日常生活やトレーニング以外のこと重視ならAppleWatchはとてもいいと思います。
 
・トレーニング重視、ならガーミンの最新機種GARMINランニング GPS Fore Athlete 735XTJ 
 がオススメです。最新機種はアクティビティモニターもついてるようですし。
「Garmin Connect」はここ1、2年でかなり進化してますし。






スポンサーリンク
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村 

にほんブログ村 PC家電ブログ Macへ
にほんブログ村
 
にほんブログ村 スマホ・携帯ブログ iPhoneへ
にほんブログ村


Appleファン ブログランキングへ

↑このページのトップヘ