Appleが大好きなんだよ

1990年代前半からのMacファンが書くAppleのこと

Author:macgeek
Macが大好きでアップル製品が大好き。アップル製品の魅力について語ります。
フリップボードマガジンhttp://flip.it/CuJOq

<現役マシン>
(1)MacBook Pro(13.3-inch,Mid 2014) 2.8GHz Intel Dual Coai5 Retina16GB 1600 MHz DDR3 SDRAM 1TB SSD
(2)MacBook Pro (13-inch, Late 2016, Two Thunderbolt 3 ports)2 GHz Intel Core i5,8 GB 1867 MHz LPDDR3,256GB SSD
(3)MacBook(13-inch,Early 2008)2.4 GHz Intel Coa2 duo 4GB
(4)iPhone6s 128GB →iPhone7Plus Black 256GB SIM FREE
(5)iPadmini4 128GB GOLD SIM FREE→iPad Pro 9.7128GB GOLD SIM FREE+ApplePencil
(6)Thunderbolt Display 27-inch
(7)Apple Cinema display23-inch
(8)Apple Cinema display20-inch
(9)Apple watch series2 Space grey Black sports band

スポンサーリンク

先日の記事のようにしくじった
Sierraのインストールを再びしました。

新機能「ピクチャインピクチャ」をもろもろ試しましたのでまとめました。
この機能はiOS9ではiPad Proにて使えていましたが大変重宝。
マックでも使えるようになりました。
しかし、動画何にでも使えるわけではないようです。


1.Youtube→使える

Safariにて映像の真上で右クリックを1回。
24

さらに右クリック1回
37

このように右上にピクチャインピクチャが出ます
24

四隅に可能
33


サイズも変更可能
58


2.iTunes内ムービー→使える


52

映像右下の21ボタンを押すとできます。

59


3.Hulu→使えない

Safariにてテストしましたが、2回右クリックしても不可です。
フラッシュの設定らしきポップアップが出るだけ。
残念。
Huluが一番見ながら仕事が多いので残念です。

32


4.Amazonプライムビデオ→使えない

SafariにSilverlightをインストールで再生までは行きましたが、ピクチャインピクチャは右クリック2回しても不可。
Chromeも不可。

20


5.J-sportsオンデマンド→使えない

Safariにてテストしましたが、2回右クリックしても不可です。
フラッシュの設定らしきポップアップが出るだけ。

54


全体的に残念


個人的な使い方としては、Huluなどで日本語コンテンツを再生しながら、仕事をしたりしますので
今まではiPad Pro9.7をマックの脇に置いて流しっぱなしで観て?というか聴いていたので。
同じようなことがマックのデスクトップでできるのか期待したものの。
ダメでした。
YouTubeやiTunesだけで使うしかなさそうっすね。




スポンサーリンク
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村 

にほんブログ村 PC家電ブログ Macへ
にほんブログ村
 
にほんブログ村 スマホ・携帯ブログ iPhoneへ
にほんブログ村


Appleファン ブログランキングへ

スポンサーリンク

iPhone7の捉えられ方

iPhone7は日本ではFeliCa内蔵と新色ジェットブラックの採用でかなりの盛り上がりを見せました。
それ以上にS無しサイクルや、5以前のユーザーの買い替え需要が大きかったとみています。
しかし海外では、FeliCaは関係ない。
海外の報道などからFeliCaを除くとかなりマイナーアップデートと捉えられていた。
革新した点はカメラやCPU、スピーカー、液晶などにとどまり、
外観がほとんど変わらない中ではなかなか新製品感を感じられないのが海外の既存ユーザーの正直なとこでしょう。
S無しサイクルで買い換えてきていて、昨年だけ6Sにした筆者には少なくとも「どうしても買わないと!」という理由が見いだせなかったのは確かです。


アップルが並みの企業になった

そんな中、下記の記事を読みました。
"デザイナーの勝手新製品コンセプト"みたいなものからの推測記事です。
http://iphone-mania.jp/news-137807/

iPhone7のマイナーチェンジっぷりや、
このような記事の通りに
7Sというマイナーアップデートに来年なってしまうようなら、
アップルが並みの企業になったなあという残念な実感はかなり強くなると思います。
開発サイクルを長めにするのは確かに企業の健全な経営には貢献するでしょう。
しかし、おお!という感動がない。


最近のアップルは商品開発の肝の押さえ方が残念

前回の記事に書いた通り

<既存ブランドの商品開発のポイント>

・シンプルに考える部分と複雑に考える部分
・変えなくていい部分と変えたほうがいい部分
・マイナーチェンジとオールニュー
・新ユーザーを狙うのか既存ユーザーを狙うのか

これらの組み合わせとかバランスなんですけども、前回は持ち歩き用MacとしてMacbook12"がいかに肝を間違えたかを書きました。
MacBook Airの買い替え需要のニーズの肝を全くわかっていない肝のズレた商品だったということです。

<MacBook Airかそれに値する新製品>
・シンプルに考えて
・変えたほうがいいのはディスプレイのみ
・マイ
ーチェンジでいい
・買い替え需要

だったわけです。


逆にiPhoneこそオールニュー

iPhoneこそ、今のiPhone7のような開発方針と逆に
Macbook12"のような開発バランスで行うべき商品だとおもいます。

・これこそシンプルな思考ではなく、社内資源を集中して新しさのある商品開発に注力すべき商品
・外観デザインから設計まで全て変えたほうがいい。
 特に外観はiPhoneの新製品を持っていると一目でわかるものに変えるべきだと思います。
・オールニューもしくは目立つ部分だけでも新しくすべき
・既存ユーザーがどうしても買い替えたい、新ユーザーがイケてるから買いたいと思える商品。


iPhone8がこんなだったらいいのに。

・外観デザインが全く新しい
・異常に小さくなる
・W-Sim
・iPhone7にもデュアルカメラ
・アルミではない材料

うーん。
わがままに色々書いてきたけど。

結局のところ個人的には
外観のデザインを変えてくれないかなー

ってことなんだよね。

性能や機能なんてそれこそ成熟してきてるわけですし、今のでも十分。

だから少し変えたって前のと見た目が同じだったら買い替えないよね。

メルセデスベンツやBMWが古いのに乗ってると残念に感じるのは、
外観デザインが定期的に新しくなってるからですよね。
そして彼らは常に自動車のデザイントレンドを引っ張ってきてます。

作るものは違えど、アップルにはこれが次世代のトレンドデザインだ!
っていうのをもっと見せて欲しいです。

素人のタワゴトですけどね。

スポンサーリンク
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村 

にほんブログ村 PC家電ブログ Macへ
にほんブログ村
 
にほんブログ村 スマホ・携帯ブログ iPhoneへ
にほんブログ村


Appleファン ブログランキングへ

スポンサーリンク

IMG_1248


http://japanese.engadget.com/2016/09/26/macbook-pro-air-13-10-air13-7-core/

いちいち記事に反応して期待と絶望の繰り返しをしてしまいますけど。笑
やっぱりiPhone7の落ち着いた10月に入った頃に新しいMacbookは出るみたいですね。

ただね。
僕の欲しいMacBook Airの新機種については確信に近いリークとはなっていないみたいです。

記事によると
MacBook Air 13インチはともかく(こちらは12インチMacBookとの競合が一部ある点などから、新型の登場自体を疑問視するウワサさえあります)」

という話。
まあ言ってる意味はわかりますけどね。
もしそうだとしたら。
最近のAppleの新製品の開発は今ひとつポイントを押さえてない。

電子機器の開発やデザインはやったことないですけども、
開発とかデザインに関わってきたものとして考える

<既存ブランドの商品開発のポイントは>


・シンプルに考える部分と複雑に考える部分
・変えなくていい部分と変えたほうがいい部分
・マイナーチェンジとオールニュー
・新ユーザーを狙うのか既存ユーザーを狙うのか

この辺の組み合わせとかバランスなんですよね。

<MacBook Airに関しては>

第一世代から改良改良を重ねてここまで成熟した商品となっていますが、


<ディスプレイがRetinaではないということだけがMacBook Airユーザーの唯一の不満>

でした。 ここポイント。

だって、MacBook Airを2009年2013年と2台使い続けているんですからよーくわかります。 
他は大きさもポートの種類も豊富さもバッテリー駆動時間も携帯性も2013年モデルで十分使いやすい。
だから
単純にディスプレイをRetinaにするだけで普通にたくさん売れます 

だれも Macbook12インチみたいなのは望んでなかったんですよ。
Macbook12”は
・商品コンセプトと外観をシンプルに考え過ぎて、設計を複雑に考えてしまった
・変えなくていい部分を変えてしまった
・需要が確実なリピーターがいる商品なのでオールニューが必要なアイテムでは無い
・新ユーザーを狙いたくて出したとも思えない内容と価格、既存MacBook Airユーザーとも思えない。

このアイテムで何か犠牲にしてまでビックリさせて欲しいなんてのは無いの。
実用ですよ実用。

・シンプルに考えて
・変えたほうがいいのはディスプレイのみ
・マイナーチェンジでいい
・買い替え需要

持ち歩くからこそ、そこそこ傷むので買い替え需要はある
持ち歩くからこそ、出先で出入力の機会がある。

なので、何度も言います。
単純にディスプレイをRetinaにするだけで普通にたくさん売れます
新カラーがあったらもっと売れる。 

ついでなのでCPUやメモリなどはアップデートして欲しいは欲しいですけどね。

まあ商品開発の現場では「しがらみ「横槍」「力関係」「内部競合」だらけで
調整してる間に
選択肢を誤ってしまうんですけどね。わかるわかる。

IMG_1247
でも、↑これができないと困るんですよー。

 
スポンサーリンク
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村 

にほんブログ村 PC家電ブログ Macへ
にほんブログ村
 
にほんブログ村 スマホ・携帯ブログ iPhoneへ
にほんブログ村


Appleファン ブログランキングへ

↑このページのトップヘ