Appleが大好きなんだよ

1990年代前半からのMacファンが書くAppleのこと

Author:macgeek
Macが大好きでアップル製品が大好き。アップル製品の魅力について語ります。
フリップボードマガジンhttp://flip.it/CuJOq

<現役マシン>
(1)MacBook Pro(13.3-inch,Mid 2014) 2.8GHz Intel Dual Coai5 Retina16GB 1600 MHz DDR3 SDRAM 1TB SSD
(2)MacBook Pro (13-inch, Late 2016, Two Thunderbolt 3 ports)2 GHz Intel Core i5,8 GB 1867 MHz LPDDR3,256GB SSD
(3)MacBook(13-inch,Early 2008)2.4 GHz Intel Coa2 duo 4GB
(4)iPhone6s 128GB →iPhone7Plus Black 256GB SIM FREE
(5)iPadmini4 128GB GOLD SIM FREE→iPad Pro 9.7128GB GOLD SIM FREE+ApplePencil
(6)Thunderbolt Display 27-inch
(7)Apple Cinema display23-inch
(8)Apple Cinema display20-inch
(9)Apple watch series2 Space grey Black sports band

ギズモードの記事

Apple Watchで、ファッション層は取り込めるか?

Macが元々DTPを中心としたデザイン系の仕事にウケていた?のは言うまでもないことですが、その流れからアップル製品は感度の高い人が愛用していたというのも事実ではないかと思います。
ファッション化、デザインの潮流作りという意味でアップルが取り組んできたことをまとめてみました。

● iMac、ibookのキャンディカラーで家電に色の選択肢を持ち込んだ。
●iPodでは音楽というファッションカルチャーの源流をコンパクトに持ち歩く、インターネットで買えるという新しいライフスタイルを作った。
●路面店アップルストアをブティックの様な業態にし、家電の売り方への提言。
●imac、ibookでホワイトポリカーボネイトというミニマルデザインを牽引。白=汚れるから敬遠を払拭
●iPhoneではipodを携帯電話等融合。マルチメディアビューワーとしてコミュニケーションをどこでも可能に。タッチパネルを使うことのオシャレさを時代の潮流とした。
●Powermac、macbookではアルミを使ったミニマルデザインの潮流を作りインテリアに馴染むパソコンを創出。
●MacBook Airではカフェで仕事という流れを軽量化から創出。オシャレ感のあるボディがカフェにマッチ。

Apple Watch記事にもあるようにファッションそのもの、富の象徴的な要素もある時計。
道具としてはワクワク感満載。
しかし果たして競合ひしめく時計に一石投じることができるのか、楽しみに明日の発表と今後を見ていきたいです。

 




スポンサーリンク

ブログランキング・にほんブログ村へ

にほんブログ村 

にほんブログ村 PC家電ブログ Macへ
にほんブログ村
 

にほんブログ村 スマホ・携帯ブログ iPhoneへ

にほんブログ村


Appleファン ブログランキングへ

image

http://www.gizmodo.jp/2015/02/post_16510.html

ソニーのスマートウォッチを使ってる人が一番使う機能は腕時計機能とか言ってたけど、AppleWatchがこの停滞感を打破してくれると思うんですよね。
早くでないかな。
ただ一般的なウェラブルは、正直言って方向性が見定まってない。カメラがこっちを見てるようなGoogleglassみたいなメガネなんて売れっこないから
失敗したんでしょう。



スポンサーリンク





http://www.blogmura.com/ranking.html" target="_blank">

ブログランキング・にほんブログ村へ


にほんブログ村 

にほんブログ村 PC家電ブログ Macへ
にほんブログ村

 




にほんブログ村 スマホ・携帯ブログ iPhoneへ


にほんブログ村




http://blog.with2.net/link.php?1864220:1018" title="Appleファン ブログランキングへ">



Appleファン ブログランキングへ

38
AirもProも最近のMacBookの何がいいかって、やっぱりSSD化したことでHDD時代に比べてディスクが壊れにくくなったってことではないでしょうか。軽量化と耐衝撃もいいし。

HDD時代は2年〜3年位でなんか調子悪いという怪しい感じになって交換したりしてましたので、それを考えるとSSDは本当に壊れません。
先代MacBook Airは2009MIDで128GBでしたが、4年間散々持ち歩いて2013年にヒンジが壊れるまで全く故障もデータクラッシュもありませんでした。「中身より外側から壊れるのかー」と感心しました。

2013の夏に購入したMacBookAir11inchからはSSD512GB、今の所故障もクラッシュなくて安心ですね。
モバイル機なのでiTunesやiPhotoデータのような大きなデータは入れてませんけど、
それにしたって337GBも余りまくりです。。170GBくらいしか使ってない。。。

クラウドストレージなどの活用も考えると、モバイル機の適正ストレージ容量は256GBってとこなのかもしれません。

使い道にもよりますけどメイン機だってiTunesやiPhotoなどの容量を食うものをNASに入れるなどの工夫次第で256GBで十分かもしれません。

先日購入したMacBook ProはSSD1TB、今はバックアップは外付HDDやTimeCapsuleとHDDですけども今後はバックアップ関係もSDDになっていくんでしょうね。




スポンサーリンク

ブログランキング・にほんブログ村へ

にほんブログ村 

にほんブログ村 PC家電ブログ Macへ
にほんブログ村
 

にほんブログ村 スマホ・携帯ブログ iPhoneへ

にほんブログ村


Appleファン ブログランキングへ

↑このページのトップヘ