Appleが大好きなんだよ

1990年代前半からのMacファンが書くAppleのこと

Author:macgeek
Macが大好きでアップル製品が大好き。アップル製品の魅力について語ります。
フリップボードマガジンhttp://flip.it/CuJOq

<現役マシン>
(1)MacBook Pro(13.3-inch,Mid 2014) 2.8GHz Intel Dual Coai5 Retina16GB 1600 MHz DDR3 SDRAM 1TB SSD
(2)MacBook Pro (13-inch, Late 2016, Two Thunderbolt 3 ports)2 GHz Intel Core i5,8 GB 1867 MHz LPDDR3,256GB SSD
(3)MacBook(13-inch,Early 2008)2.4 GHz Intel Coa2 duo 4GB
(4)iPhone6s 128GB →iPhone7Plus Black 256GB SIM FREE
(5)iPadmini4 128GB GOLD SIM FREE→iPad Pro 9.7128GB GOLD SIM FREE+ApplePencil
(6)Thunderbolt Display 27-inch
(7)Apple Cinema display23-inch
(8)Apple Cinema display20-inch
(9)Apple watch series2 Space grey Black sports band


Appleの2014年第4四半期は過去最高の増収増益という事のようで素直に喜んだらいい話ではありますが、なんとなく複雑な気持ちにもなります。

なんでかというと90年代の中盤に

PowerBook550cとか
imageimage


ベージュ色のPower Mac8500
image
image
なんかを使ってたころAppleの経営は本当に危機だった。
スティーブジョブズ空白期のツケが回った頃でした。
位置づけもデザイン系の仕事にしか使われないマイナーな存在でした。
それでも私はこのApple製品の使いやすさに惚れて使い続けてきたわけですが、
彼の復帰後iMac、iPodの成功を経てiPhoneとAppleはメジャーへの道を歩んできています。
Apple製品の魅力を多くの人が知るようになって素直に嬉しいですが、メジャーになっちゃった寂しさみたいな感情もあり。
例えるなら、好きなアーティストのアルバムの7曲目、密かなお気に入り曲がドラマの主題歌になった時みたいな気持ち。
とはいえ、さらに経営が安定して新しい製品やサービスの開発費に回れば、新たなサプライズにもつながるんだなあという嬉しさもありますけどね。
 



スポンサーリンク

ブログランキング・にほんブログ村へ

にほんブログ村 

にほんブログ村 PC家電ブログ Macへ
にほんブログ村
 

にほんブログ村 スマホ・携帯ブログ iPhoneへ

にほんブログ村


Appleファン ブログランキングへ

充実したクラフィックボードが売りのMacBook Pro Retina。
内蔵モニターに加え、出力端子だけで言うとThunderbolt2基、HDMI1基となっており、3箇所出力があります。
 アップル純正のThunderbolt Displayや「Thunderbolt to DVI アダプター」や「HDMI to DVIアダプター」を使うとAppleCinemaDisplayやサードパーティの外部モニターがつなげますが台数はどうなんでしょう?

スペックを確認すると
「デュアルディスプレイとビデオミラーリング:本体ディスプレイで標準解像度、最大2台の外部ディスプレイで最大2,560 x 1,600ピクセル表示を同時サポート(数百万色以上対応)」
となっている。
うちにはThunderbolt Display 27インチとAppleCinema Display23インチ2台があるので試してみることに。
アダプターで足りないのが変換名人 DVI(メス) → HDMI(オス)変換アダプタ でしたのでアマゾンで購入してみました。
IMG_2274

到着後早速試してみますが、まず
(1)Thunderbolt1つ目にThunderbolt Display
(2)Thunderbolt2つ目にAppleCinema Display
IMG_2271
 
2台はOK。
IMG_2269


追加で
(3)HDMI にアダプタを介してAppleCinema Display
 
 をつないでみましたが
IMG_2270

結果として(2)が認識しなくなりました。
FullSizeRender 2

 
(1)を抜くと消えた(2)が復活。
IMG_2273


やはりスペック通り2台がビデオカードの限界のようです。
 つなぐのならUSBから出力する
I-O DATA USB接続外付グラフィックアダプター USB-RGB/D2が必要みたいですがまあ本体合わせて3画面で十分という結論にしました。



スポンサーリンク

ブログランキング・にほんブログ村へ

にほんブログ村 

にほんブログ村 PC家電ブログ Macへ
にほんブログ村
 

にほんブログ村 スマホ・携帯ブログ iPhoneへ

にほんブログ村


Appleファン ブログランキングへ

macbookpro13

MacBook Airの12インチ発売がささやかれる2015の年明けにMacBook Pro Retina13インチをメインマシンとして買いました。
スペックは
2.8GHz Intel Dual Coai5 16GB SDRAM 1TB SSD
実はメインマシンの新調は実に6年半ぶり!
MacBook(13-inch,Early 2008) 2.4 GHz Intel Coa2 duo 4GB (白いやつね)からですからマック好きって名乗れんのかっていうほどです。

<6年半なんで新機種にしなかったのか>
1.HDDを2回ほど換装し、容量アップしつつ使ってたので故障もなくそんなに不満もなかった。

2.Apple Cinema Displeyを外付けディスプレイにしてたのでディスプレイに不満もなかった。

3.仕事用のAdobeのバージョンの関係でOSX10.6.8以上にしたくなかった。

4.間にMacBook Air2台を挟んでいたので新機種には触れていたしMacBook Air (11-inch, Mid 2013)が実質的に仕事用の中心になっていた。

5.iPhoneやらiPadに気を取られていた。

<なぜ今買ったのか>
1.アップルのオンラインで希望スペックのが少し安く買えた。

2.MacBook Air (11-inch, Mid 2013)でYosemiteの良さを体感してメインマシンもYosemiteにしたくなった。

3.円安傾向で今年は値上げが予想される。

4.iPhone同期がそろそろOSX、iTunesともに対応バージョンギリギリ。AppleWatchや来年のiPhone新機種に向け準備。

5.AdobeCC、Microsoft Officeともにアプリケーションの年間契約が整備され、バージョン対応から解放されたこと。

6.外付ディスプレイ2台接続をやりたくなった。

7.Yosemite&AdobeCCの組み合わせがMacBook Airしかないため故障や盗難などの緊急時に仕事に支障が出る。MacBook Airの緊急時には持ち運べるノートがいい。

8.Thunderboltが2基搭載している

9.iphoneだけでなくMacでもRetinaを使用したい。

10.Late2013からはSDD容量が1T、最大メモリ16Gまで増加し、メインになりうるスペックがRetinaモデルでも出てきた。

という感じです。
system.jpg

このマックについてを開くとなんだか嬉しい。


スポンサーリンク







ブログランキング・にほんブログ村へ


にほんブログ村 

にほんブログ村 PC家電ブログ Macへ
にほんブログ村

 




にほんブログ村 スマホ・携帯ブログ iPhoneへ


にほんブログ村








Appleファン ブログランキングへ

↑このページのトップヘ