Appleが大好きなんだよ

1990年代前半からのMacファンが書くAppleのこと

Author:macgeek
Macが大好きでアップル製品が大好き。アップル製品の魅力について語ります。
フリップボードマガジンhttp://flip.it/CuJOq

<現役マシン>
(1)MacBook Pro(13.3-inch,Mid 2014) 2.8GHz Intel Dual Coai5 Retina16GB 1600 MHz DDR3 SDRAM 1TB SSD
(2)MacBook Pro (13-inch, Late 2016, Two Thunderbolt 3 ports)2 GHz Intel Core i5,8 GB 1867 MHz LPDDR3,256GB SSD
(3)MacBook(13-inch,Early 2008)2.4 GHz Intel Coa2 duo 4GB
(4)iPhone6s 128GB →iPhone7Plus Black 256GB SIM FREE
(5)iPadmini4 128GB GOLD SIM FREE→iPad Pro 9.7128GB GOLD SIM FREE+ApplePencil
(6)Thunderbolt Display 27-inch
(7)Apple Cinema display23-inch
(8)Apple Cinema display20-inch
(9)Apple watch series2 Space grey Black sports band

スポンサーリンク
18
古くからのAppleファンが故に、ついつい辛口になってしまう私ですが。。
最近感心したのはAppleの製品サポートのクオリティが上がっていることです。


あんまり使わなかった電話サポート

数年前までアップルの電話サポートとかを使ったことはなく、というかアップルケアに殆ど入っていなかったので、通常の製品なら90日で無料電話サポートの期限は切れてしまいます。
あんまりレベルの高いサポートを受けられなかったのも使わなかった理由です。


AppleCareに入るようになり頻度が上がった

しかし最近はAppleCareにほぼ入るようになったので、無料電話サポートが1年間受けられます。
昨年、Yosemiteでメールアプリが落ちまくる現象の(この過去記事)解決にサポートを利用した時から、なかなかレベルが高いなという印象を持ち始めました。
こちらが既にやったことや、スペック、この状態での想定される問題原因などをただアドバイスするのではなく私の方のヒラメキを促してくれたりもします。


サポートの申し込み方もわかりやすくなりました

01
39
このように電話で長々待たされることもなく、都合のよう時間にあちらからかけてくれます。
今すぐも可能で混んでいるときは10分後とかですがそれも目安の時間を教えてくれます。


iCloudなどの製品横断的で複合的なトラブルにオススメ

最近は単体のトラブルというよりも、
昨日の記事「AppleWatchでMacのロックを解除する」のようにAppleWatchとMacといった二つの製品のトラブルが多いです。
「iPhone/iPad/Mac:「メモ」アプリが同期はできるのにiOSで検索漏れがでる時の解決法」
の時もそうでした。

そういう時のトラブルシューティングにはサポートの方のその機能の仕組みを理解した上でのサポートはなかなか的確で良いです。
基本的に製品グループごとサポートチームに分かれているようなのですが、割と誠実に他のチームにも相談してくれます。


自分の製品の無償サポート期間は注意した方がいいです

AppleCareに入っていてもいなくても、無償サポート期間がまだ残っているのかはこちらから確認できます。

17

まとめ

かつては俺の方がMacの事知ってるぜなんて思ったりする方も出てきたもんですが、少なくともここ2、3年くらいはレベルアップが計られた印象です。
AppleCareにはいっていなくても90日、加入していれば1年間、無償サポートが受けられますので活用しない手はないです。
2種類の製品をまたいでる場合でも片側に無償期間が残っていれば特に
ダメとか言われたことはないです。

長い時間になることもある電話サポートですが、窓口の方は根気強く
対応して下って感謝です。
この土日はiPhone7が行き渡り始めたらしく、先週よりも問い合わせ件数が増えてるとのことです。
お忙しいところありがとうございました。


スポンサーリンク
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村 

にほんブログ村 PC家電ブログ Macへ
にほんブログ村
 
にほんブログ村 スマホ・携帯ブログ iPhoneへ
にほんブログ村


Appleファン ブログランキングへ

スポンサーリンク
近づいただけでMacのロックを解除するなんて素敵な機能

少し遅いですけど、「AppleWatchで Macのロックを解除する」の設定をしました。
気軽に考えていたら、
前提に「iCloudの2ファクタ認証」という2種類以上のデバイスを使って認証を強化する方法があるようで、そっちに手間取ってしまいました。
設定方法はアップルのホームページに載っています。

「iCloudの2ファクタ認証」の設定完了が前提で
実際に「AppleWatchで Macのロックを解除する」を設定してやってみたのでYoutubeビデオにしておきました。




撮影前にトラブルが

実はビデオ用に撮影しようかと思ったらトラブルが。。
この前試しにやったときは難なくクリアしたんですが、

なぜか今回やろうとしても
「Apple WatchでこのMacのロックを解除できるようにする」が
→システム環境設定
→セキュリティとプライバシーが
機能のなかったYosemite時代のように表示されなくなってしまい。

再起動やPRAMクリアなどやってもダメ。

57

↑なぜ出てこないんじゃー!!!


「Apple WatchでこのMacのロックを解除できるようにする」が表示されないトラブルの解消方法

結局アップルのサポートに電話すると。
色々やりながら教えてくれました

(1)アップルウォッチアプリ起動
→マイウォッチ→OOのApple Watch→ i マーク→Apple Watchとのペアリングを解除
※ペアリング解除時にAppleWatch内のデータはiPhoneに保存される

(2)iPhoneをitunesでバックアップ(暗号化モード)
これでAppleWatch内のデータは2重に保存

(3)再度Apple Watchをペアリング

(4)復元

これでまた
「Apple WatchでこのMacのロックを解除できるようにする」が出るようになりました。
この項目が表示されるには

Apple Watch( iOS3インストール済)がiPhoneを通してMacに認識されなければならない

のですが、Wi-FiやBluetoothなどのオンがされているのに、なんらかの理由で認識されなくなっていた模様です。

同じような事例はチラホラAppleサポートにも入っているようです。
私はApple Watchのペアリングし直しと復元で事なきを得ましたが、
アップデートで修正するとかいう話でした。

それでは。



スポンサーリンク
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村 

にほんブログ村 PC家電ブログ Macへ
にほんブログ村
 
にほんブログ村 スマホ・携帯ブログ iPhoneへ
にほんブログ村


Appleファン ブログランキングへ

スポンサーリンク

昨日の記事で、よく来てくださっている同じくアップルファンのabaron009さんから
MacOS Sierraでできなくなったこととして
Finderの初期フォルダがiCloudになりません」というコメントいただいたので、
設定方法をやって見ました。


新規FinderをiCloud Driveにする設定

53

このFinderメニュー→新規Findeウインドウ(⌘N)を操作すると
デフォルト設定では「〇〇のMacBook Pro」
54
などになるかと思います。

これをiCloud Driveにしたいということかと思いますので方法を。
的外れだったらすみません。


Finder→環境設定
04


→一般→新規Finderウインドウで次を表示:
16

これをiCludDriveに変えます。
46


この後
再びFinderメニュー→新規Findeウインドウ(⌘N)を操作すると
iCloudDriveになりました。
23

この他「新規Finderウインドウで次を表示:」ではユーザー・デスクトップ・書類などが選べます。



FinderのサイドバーにiCloudDriveを表示する設定

ついでにもう一つです。素早くiCloudDriveのフォルダにアクセスするには

Finder→環境設定→サイドバー
07

ここでiCloudDriveにチェックを入れます。

するとサイドバーに表示されるようになりますので
上記の「新規FinderをiCloud Driveに」してなくても
2アクションでiCloud Driveフォルダに入っていけます。
13



iCloudDriveのフォルダは一体どこにあるのか(おまけ)

サイドバーに出してしまえば解決してしまうんですが、
iCloudDriveのフォルダの実態がMac内で一体どこにあるのかわかりにくくて気持ち悪いですよね。
保存先がわからなくなるWindowsの迷宮に入ったような気持ちになります。

僕も今回探して、しまいました。
確かYosemiteの時も探した記憶があります。

Finder→移動→optionを押す→隠れていた「ライブラリ」→Mobile Documents

この Mobile Documents(上から3つ目)こそが「iCloudDriveのフォルダ」なのです。
  21

Mobile Documentsを開くと
なぜか
フォルダの表示が iCloudDriveになります。
おかしな仕様です。謎
  33

なおこの設定。私の方で確認できているのはYosemite以降です。
それでは。


スポンサーリンク
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村 

にほんブログ村 PC家電ブログ Macへ
にほんブログ村
 
にほんブログ村 スマホ・携帯ブログ iPhoneへ
にほんブログ村


Appleファン ブログランキングへ

↑このページのトップヘ