Appleが大好きなんだよ

1990年代前半からのMacファンが書くAppleのこと

Author:macgeek
Macが大好きでアップル製品が大好き。アップル製品の魅力について語ります。
フリップボードマガジンhttp://flip.it/CuJOq

<現役マシン>
(1)MacBook Pro(13.3-inch,Mid 2014) 2.8GHz Intel Dual Coai5 Retina16GB 1600 MHz DDR3 SDRAM 1TB SSD
(2)MacBook Pro (13-inch, Late 2016, Two Thunderbolt 3 ports)2 GHz Intel Core i5,8 GB 1867 MHz LPDDR3,256GB SSD
(3)MacBook(13-inch,Early 2008)2.4 GHz Intel Coa2 duo 4GB
(4)iPhone6s 128GB →iPhone7Plus Black 256GB SIM FREE
(5)iPadmini4 128GB GOLD SIM FREE→iPad Pro 9.7128GB GOLD SIM FREE+ApplePencil
(6)Thunderbolt Display 27-inch
(7)Apple Cinema display23-inch
(8)Apple Cinema display20-inch
(9)Apple watch series2 Space grey Black sports band

TechCrunchの記事でなかなか面白いことを書いていました。
iphone-6-plus-rear-low-close
(写真は記事より転載)

http://jp.techcrunch.com/2015/01/30/20150129apples-iphone-6-success-is-mostly-androids-loss-giving-iphone-plenty-of-room-to-grow/

iPhoneはAndroidの約1年前に発売されました。
当時NokiaやWindowsMobileといった創世記のスマートフォンはありましたが、まだパソコンのライトユーズに並ぶレベルではなかった存在でした。
iPhoneの登場から本当の意味のスマートフォンという市場が生まれたわけですが、初めは新し物好きやAppleファン、iPodに慣れた人達というユーザーに支えられていた感じでした。
日本ではiPhone3Gが2008年に発売されたのでAndroidとほぼ同時。
まだコピペもできないという荒削りな製品でしたが、それでも並んで買ったiPhoneは魅力的なものでした。
まともに使えるようになったのはiPhone4からでしょうかね。
Windows=ビジネスという牙城の前に、Macの普及に苦労したApple。
自らこのスマートフォンという新たな土俵を作り、そこはWindowsとの戦いという図式ではなくなった。
立ちはだかったのは意外?なところから現れた検索大手のGoogle。
OSの家電メーカーへの無料供給とプログラム変更の自由度、Google各種サービスとの親和性、低価格路線の端末などでGoogleがシェアを牛耳った。
それでもAppleは我慢強くiPhoneを大事に売り、ハードとソフト、コンテンツ、サービスのすべてを総合的にコントロールし、ブランド化に徹したわけです。
その種蒔きの成果がiPhone6となりシェア拡大につながったのではないかと思ってます。
とはいえ、
MicrosoftもWindows10でタブレットと携帯電話への巻き返しを図っているし、Googleも様々なサービスという外堀を使ってくるので戦いは熾烈かと思われますが、新たな感動をAppleには期待したいですね。



スポンサーリンク

ブログランキング・にほんブログ村へ

にほんブログ村 

にほんブログ村 PC家電ブログ Macへ
にほんブログ村
 

にほんブログ村 スマホ・携帯ブログ iPhoneへ

にほんブログ村


Appleファン ブログランキングへ

Yosemiteとios8になって何が便利って、AirDropが安定したことです。
iPhoneで撮ってMac上でその写真を使った資料が仕事で多いので重宝してます。
前はiPhoneを同期するか、iCloudで共有を使うか、メールで送るかしてたのでこれがAirDropでスピード感ある転送ができるようになり本当に便利です。
方法は簡単。
まず、iPhoneとMacのWi-FiとBluetoothをオンにします。
iPhoneはコントロールセンターからAirDropをオンにします。
IMG_2360
 
連絡先に入っている相手なら連絡のみ。
入っていなければ全員にします。
Macの方はファインダーのバーからAirDropを探し選択するだけです。

48
 

<iPhoneからMacの場合>

iPhone側のから写真などを選んで左下の「四角と矢印の組み合わさったボタン」を押します。
IMG_2363



 
そうすると出てくる画面のAirDropのリストに送りたいMacを選ぶと送られます。


IMG_2361
 
受け側のマックにはダウンロードフォルダに入ります。
そこから必要なファイル出して完了です。
08
 

<MacからiPhoneの場合>
finderからAirDropを選ぶと出てくる送りたいiPhoneの上に送りたいファイルをドラック&ドロップ。
48
 

IMG_2365

iPhone側はこんな画面が出ると自動的にカメラロールに入ります。




スポンサーリンク

ブログランキング・にほんブログ村へ

にほんブログ村 

にほんブログ村 PC家電ブログ Macへ
にほんブログ村
 

にほんブログ村 スマホ・携帯ブログ iPhoneへ

にほんブログ村


Appleファン ブログランキングへ


Appleの2014年第4四半期は過去最高の増収増益という事のようで素直に喜んだらいい話ではありますが、なんとなく複雑な気持ちにもなります。

なんでかというと90年代の中盤に

PowerBook550cとか
imageimage


ベージュ色のPower Mac8500
image
image
なんかを使ってたころAppleの経営は本当に危機だった。
スティーブジョブズ空白期のツケが回った頃でした。
位置づけもデザイン系の仕事にしか使われないマイナーな存在でした。
それでも私はこのApple製品の使いやすさに惚れて使い続けてきたわけですが、
彼の復帰後iMac、iPodの成功を経てiPhoneとAppleはメジャーへの道を歩んできています。
Apple製品の魅力を多くの人が知るようになって素直に嬉しいですが、メジャーになっちゃった寂しさみたいな感情もあり。
例えるなら、好きなアーティストのアルバムの7曲目、密かなお気に入り曲がドラマの主題歌になった時みたいな気持ち。
とはいえ、さらに経営が安定して新しい製品やサービスの開発費に回れば、新たなサプライズにもつながるんだなあという嬉しさもありますけどね。
 



スポンサーリンク

ブログランキング・にほんブログ村へ

にほんブログ村 

にほんブログ村 PC家電ブログ Macへ
にほんブログ村
 

にほんブログ村 スマホ・携帯ブログ iPhoneへ

にほんブログ村


Appleファン ブログランキングへ

↑このページのトップヘ