Appleが大好きなんだよ

1990年代前半からのMacファンが書くAppleのこと

Author:macgeek
Macが大好きでアップル製品が大好き。アップル製品の魅力について語ります。
フリップボードマガジンhttp://flip.it/CuJOq

<現役マシン>
(1)MacBook Pro(13.3-inch,Mid 2014) 2.8GHz Intel Dual Coai5 Retina16GB 1600 MHz DDR3 SDRAM 1TB SSD
(2)MacBook Pro (13-inch, Late 2016, Two Thunderbolt 3 ports)2 GHz Intel Core i5,8 GB 1867 MHz LPDDR3,256GB SSD
(3)MacBook(13-inch,Early 2008)2.4 GHz Intel Coa2 duo 4GB
(4)iPhone6s 128GB →iPhone7Plus Black 256GB SIM FREE
(5)iPadmini4 128GB GOLD SIM FREE→iPad Pro 9.7128GB GOLD SIM FREE+ApplePencil
(6)Thunderbolt Display 27-inch
(7)Apple Cinema display23-inch
(8)Apple Cinema display20-inch
(9)Apple watch series2 Space grey Black sports band


スポンサーリンク
小売業において一言に品薄といっても、そこには様々な要素があるので単純に「たくさん売れている」ということにはなりません。
需給バランスがどうだったかの結果なので、単にその日の仕入れ(入荷)が少ないため需要に応えられない場合もあります。

AppleWatch series2やiPhone7についても 同じことが言えます。


今の状況を勝手な憶測でまとめてみました。

<AppleWatch series2の場合>
・扱い店舗が限られているため、Apple onlineストアに予約が集中
・家電量販店は店頭前金全額で予約を受けていたが、初日入荷は少なかった模様。
 ビックなどオンラインで全国の在庫が見えるため前日で初日分完売
・ソフトバンクショップは店頭前金なしで予約はとっていたが、初日電話調査では入荷がほとんどなく未だに予約したものの連絡は来ていない。
・9/18本日現在でApple onlineストアの納期ではアルミスポーツバンド42mm3−5週、アルミウーブンナイロン42mm5−7週(色により3−5週も)
・9/18本日現在ビックカメラ.com アルミ42mm全てお取り寄せ。
・Apple Store各店舗で初日イベント的に行った店頭フリー在庫は、結構な球数を用意していた模様。
店舗によりばらつきがあったが午前中来店の場合ほとんどが購入できた。
昨日もツイッターなどからApple Store各店舗での購入が確認されていますが、夕方だと買えなかった人もいた模様
 
14


<iPhone7plusの場合>

・カメラ、FeliCaなどで全体的に人気なのは事実のようです 
・Apple onlineストアでの購入が人気なのは最初からSIMフリーだから。
→NVMOの普及が後押ししているんでしょうか
・初日、家電量販店や各ショップで3大キャリアバージョンなら色によっては購入できた。 
→ カラーバリエーション増が販売見込みを困難にしたのか
・ジェットブラックが人気な上、予約が初日入荷を上回ったのは事実のよう。 
・9/18本日現在でApple onlineストアの納期ではジェットブラック11月、その他2−3週
・9/17夕方のヨドバシ新宿西口本店の例
24
31


< iPhone7の場合>
・FeliCaなどで5sや6からの買い替え需要
・Apple onlineストアでの購入が人気なのは最初からSIMフリーだから。
→NVMOの普及が後押ししているんでしょうか
・初日、家電量販店や各ショップで3大キャリアバージョンならジェットブラック以外は購入できた。 
→ 人気がPlusに移行したのか、見込み数が多かったのか。
・ジェットブラックが人気な上、予約が入荷を上回ったのは事実のよう。 
・9/18本日現在でApple onlineストアの納期ではジェットブラック3−5週、その他2−3週(容量により1−2週も)
・9/17夕方のヨドバシ新宿西口本店の例
46
10


<まとめ>
 Apple Watchは前回の不評から家電量販店など中心に発注を控え目にしたと推測。
しかし思ったよりも需要が多かったのか。
Apple onlineストアはキャンセル可能なため、とりあえず入れておくかオーダーも多いので次第に落ち着きそうですが、こちらも予想よりオーダーが入ったのか。
iPhone7が2−3週のものがあるのに比べ3−5週や5−7週と時間かかり目なことからも
需要>供給だったようです。

iPhone7は各社そこそこ見込み数が的中か。需要=供給
iPhone7plusはカメラ効果か需要>供給

新色が人気で、前回の新色ピンクゴールドは意外に在庫ダブつき気味で需要<供給

いずれにしても、オンラインショップはもの凄いスピードで普及。
全国からのためオーダーは集中しやすくなっている。

ECはオーダーを取るまではものすごい早いが、
実際のところ倉庫への入庫作業や、消費者への出荷作業は
オートメーション化が進んでいるとはいえ、人の手を介して行われている。

その処理能力が倉庫への入庫と消費者ひとりひとりの手に渡るまでの時差になって現れます。

反対に家賃など固定費の高い直営のAppleStore実態店舗各店では、「売るものがない状態」は避けたい。
そのため毎日一定数の在庫確保はしてあると推測。
Apple Watchなどは家電量販店の商品と仕様が同じでも、粗利率が高いので優先してもおかしくありません。


わたくしのこの記事

初日:店頭在庫確認10本勝負のようなバタバタの反省から


今現在でスマートに早く欲しい方は
直営AppleStore各店を午前中にマメにチェック
がいいんじゃないかと思います。

 
スポンサーリンク
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村 

にほんブログ村 PC家電ブログ Macへ
にほんブログ村
 
にほんブログ村 スマホ・携帯ブログ iPhoneへ
にほんブログ村


Appleファン ブログランキングへ

スポンサーリンク
昨日からで丸一日。
昨年1晩で返品を選んだ自分(この記事)も、
今回は使い続けてみようという気にさせられています。

昨日あげたトライアスリートに向けてのレビューはあくまでもスポーツを中心に生活している人のための物で、
今日は普通の生活をしている人の視点でレビューしてみたいと思います。 

一番の良い印象は
(1)思ったより邪魔にならない
ということでした。
何でもかんでもプッシュしてくるのかと思いきや基本はiPhoneの通知設定に合わすので、比較的プッシュしない設定になっている私のiPhoneとのペアリングだとそんなに通知がプッシュされません。
文字盤に控えめに出る赤い点が通知の意味ですがいつみてもいいので煽ってきません。

その他良い印象をまとめますと
(2)シンプルかつカジュアル
見た目の駆体のデザインもそうですが、インターフェイスは極力シンプルにしてあります。
若干慣れは必要なものの、直感的にいじってみて、わからないことだけオンラインで公式のユーザーガイドをみています。

(3)文字盤は機能的
自分が選んでいる文字盤はモジュラーというテーマの中の
日時・天気・心拍数・アクティビティ・ワークアウト
の表示されている文字盤
で欲しい情報をいつでも見れる。
天気は意外とパッと見たい情報だったことに気づきました。
IMG_1083

(4)ワークアウト操作の敷居が低い
軽く散歩に行く時などでもサッとクイックスタートでウォーキングを計測できます。
もちろん計測しなくても活動量としては記録されていますので押さなくてもライフログは取れています。
 
(5)音声入力が正確
メッセージなどに返信する時、Siriに何か聞く時など音声のテキスト化がかなり正確

(6)DOCKのおかげで必要なアプリへのアクセスは速い 
最大10個まで必要なアプリへのショートカットが設定できる
 
(7)GPSの捕捉はかなりいい

(8)GPSの単独使用ができる。
Phoneとセットでなくてもスポーツウォッチとして単独で使える。

(9)iPhoneを携帯しなくても買い物が可能
ちょっと怪しい情報ですが、ユーザーガイドにアプリで設定がすんでいれば
iPhone を携帯しなくても買い物ができます」とかいてあります。
47

(10)iPhoneと共に接続したことのあるWi-Fiネットワーク内ではiPhoneがない時でも使える機能がある
例えばFaceTimeオーディオなどは上記の環境でApple Watchから使用可能です。

58

残念な部分
(1)アプリよっては続きがiPhoneでしかできないものもある。
Lineなどは未読の確認と返信だけでそのアクションが終わると見返すことはできないので続きはiPhoneで。

(2)iPhone側のバッテリーの減りが速い
本日は8時起床でiPhoneとAppleWatchともにフル充電でしたが、iPhoneが15時の時点で7%
反面 
AppleWatchは71%と思ったよりも減りが遅い。

(3)使い心地同様にフワッとした存在
基本的にiPhoneビューワー+GPSウォッチなので、
果たして必需品なのかと問われるとなんとも言えない存在感。

 (4)寝ている間は充電しないとならない
当然ですが充電や外している間はライフログが取れません 

ざっとこんな印象です。
Suicaが使えるようになるとまた印象は変わってくるでしょう。
また定期的にレビューしたいと思います。
 
スポンサーリンク
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村 

にほんブログ村 PC家電ブログ Macへ
にほんブログ村
 


Appleファン ブログランキングへ


スポンサーリンク
IMG_1049


先にこっちの切り口かよ!って思われる方も多いかと思いますが、
普通のレビューはあちこちから出てくるでしょうし。あとに回して。

4年間ほどちょっと一生懸命トライアスロンをやってたんでそのお友達からのご期待にお応えして、
まずはアイアンマントライアスリート視点からのレビューを先にします。
アイアンマンてのは水泳3.8km自転車180kmマラソン42.2kmを続けてやる競技なんすけど。
約8時間から最大17時間かかる競技で、

一生懸命やってる人もそうでない人も
GPSスポーツウォッチとサイクルコンピュータを兼ねたガーミン社ですとかポラール社であるとかをつかっとります。

例に漏れず私もApple信者の傍ガーミン信者もやってたわけなんですが。
ここ2年おやすみちゅう。。てへ。元アイアンマンて言わないと叱られますが。。

なので、
前々からこの記事などでAppleWatchのスポーツウォッチとしての役割というか可能性をとうとうと述べてきて、

昨年の初代AppleWatchでは、
こちらの記事
「自分史上初の開封後返品」
というApple信者とは思えぬ行動に出たわけですが。

今回はスポーツウォッチとしては
1.GPSが内蔵された
2.スイムでも使える防水と機能
3.ナイキが提携したんだし

生活周りでは
4.Apple Pay経由でスイカが使えるようになった


このあたりがポイントとなりリベンジしてみっか。
という気になりました。

で、実際のとこ設定して、夕方 そこらを内蔵の”ワークアウトアプリのウォーキングモードとランニングモードで「歩いて」きました。

まずやってみたのは
(1)iPhoneとペアリングしない状態でのウォーキング計測。
これはGPS内蔵での単独動作を試すことが趣旨。基本的にiPhone並みのGPS補足でログも正確
アーケードの屋根が一部あった割によくとらえてます。
”アクティビティ”アプリで確認すると地図上の移動コースがしっかり出ていました。

計測内容は
アクティブカロリー/トータルカロリー/距離/合計時間/平均心拍数/平均ペース/地図上のログ/天気

IMG_1062




(2)次にiPhoneとペアリングした状態でのランニング計測
これもラップ1kmでかかった時間がでてきたりサインします。
こちらも”アクティビティ”アプリで確認すると地図上の移動コースがしっかり出ていました。

計測内容は
アクティブカロリー/トータルカロリー/距離/獲得標高/合計時間/平均心拍数/平均ペース(ラップも)/地図上のログ/天気


IMG_1054


IMG_1063
Appleさん。
単位がキロカロリーではなくて「カロリー」となってますが。コレでいんですか?


(3)Nike+Runclubアプリ
これはナイキがもともとiPhoneで提供してるアプリでナイキのランニング系SNSコミュニティにもつながっています。

でアカウント作らないとAppleWatchアプリが動かないんで、歩きながら作るはめに。
ポケモンオヤジさながらっすね。

iPhone側のアプリでデフォルトの
”ヘルスケア”ってアプリと連携もできて、
アプリへのデータアクセス&統合みたいなのが選べるんで全てオンにしました。
(そうするとNike+Runclubのデータが”ヘルスケア”や”アクティビティ”に自動的に入る。)


Nike+Runclubアプリで計測を始めたんですが、
先に動かしていた
内蔵の”ワークアウトアプリの計測が勝手止まって削除されちゃうんですね。

同時には測れない仕様になってるみたい。
これ要注意。

Nike+RunclubのApple Watch上の表示はすごくシンプル
IMG_1065




ついでに言うとNike+Runclubの方はログに地図データが表示されません。
計測内容は
概算カロリー/距離/合計時間/平均心拍数/平均ペース(ラップ不明たぶんあります)
となぜか貧弱。
IMG_1066


ざっとランニング・ウォーキング系のテストはこんな感じ。


iPhone側の”アクティビティ”アプリにはこんな感じで表示。
IMG_1061


 水泳は時計して入れるプールが少ないので保留します。
(というか太りすぎて脱げない。。のも。)
 
自転車はロードバイク側につけるケイデンス(回転数)センサーがないので 正確なデータが出そうもないですが、Bluetooth仕様のセンサーを買ってロードバイク用のアプリを使えばiPhone経由で設定できそうです。
http://catanddeer.blogspot.jp/2015/05/wahoo-blue-sc.html?m=1

しかし、記事が第一世代のものなので、AppleWatch series2単独使用で センサーを認識するのか不明ですし、iPhoneとセットで使うんならレースには使えません。
3種目通しで測れそうもない。

というわけで個人的というか、 

トライアスリート視点(元ですけど元)からは今回も辛口。

トライアスロンのレースには使えない。 
・バッテリーが不安
・iPhone無しでバイク時に必要な情報がとれるのか未知数。
・ランの計測項目(リアルタイムとログともに)が少ない。
 ラップ毎に色んな情報ほしい時がありますし。

自転車用ガーミンを持ってる人ならトライアスロンレースでも使えるかも
・ロードバイクから先に入って自転車用ガーミンをすでに持っていて、これからトライアスロンも始める方にはいいかもしれません。
・自転車パートではガーミンを使い。ほかはApple Watchという組み合わせ。

トライアスロンの水泳とラン練習には使えるかも。
・プールでの計測には少し期待(ガーミンほどではないかとは思う)
・ランでも気軽な練習時にApple Watchだけで出て、コンビニで内蔵スイカで物が買えます。

そう考えると、トライアスリートは

ForeAthlete® 735XT J

ForeAthlete® 920XTJ

ForeAthlete® 910XTJ 

の3択です。え!!

ガーミンコネクトっつう優秀なwebアプリでデータ管理もできますし。。

スイカはiPhone7で。

AppleWatch series2はファンランナーにはライフログとの兼用にいいかも
ストイックに細かい数値をとったりしないけど、日常のライフログ(アクティビティモニター)には興味が有る。
そんな人だったら十分に使えます。(今の僕のような感じ)
あとマラソンランナーはトライアスロンの人より細かい数値を気にしない気もしますし、
38mmの小さい方で軽くランも生活も、ゲームもなにもかも兼用つうのもアリですね。

専用機ではなく汎用機なので。
スポーツ専用機と比べてはいけない気もします。
このシンプルな操作性などがそもそも違う発想でもありますし。

 問題は
この買ってしまった私は、
例えばトライアスロン復活した時に腕には何をつけたらいいんでしょう。
復活まではApple Watchずっとつけてたら全体の活動が見えてきますからいいけど。
ガーミン910と、このApple Watch両手首なんでしょうか。汗

次回はスポーツウォッチとしてではなくもっと一般的な視点でレビューしたいと思います。

 
スポンサーリンク
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村 

にほんブログ村 PC家電ブログ Macへ
にほんブログ村
 


Appleファン ブログランキングへ

↑このページのトップヘ